バーキン風バッグをイタリアから直輸入


あささんの海外通販体験談

dsc_0308買ったもの:バッグ
購入したショップ:フィレンツェのカバン工房

 

 

 

 

20年以上前、職場で、個人の並行輸入がはやりました。
そこで、自分も真似事をしてやってみました。確か、池袋のサンシャインの一室で、
何か調べた記憶があります。英語も堪能ではありません。それでも成功しました。

当時は、海外で、買うのが安いという触れ込みで、猫も杓子も並行輸入していました。
そこで、「エルメスも、ルイビトンも並行輸入した」という記事もあったくらいです。

実際はそんなことはできませんでした。確か、エルメスにそのようなお手紙を送ったことがあります。雑誌か何かで英語の文言を写したのでしょう。
すると、フランス語で書かれた、カタログとお手紙が入っていました。
できませんという内容でした。お手紙は英語もあったように思います。

当時は、海外で、ブランドを買うのがはやりで、森公美子さんがフィレンツェで、
元エルメス職人のかたのバーキン風のバッグを買ったというテレビを見て、
私もやってみたくなり、トライしたのです。

不安でしたが成功しました。お金を先に送り、注文はファックスでしたのだと思います。
当時、うちにはファックスもなく友達に送ってもらったように思います。

注文してから、お金を送金したのですが、大分不安でした。
しかし、バッグはちゃんと送られてきました。バーキンです。ただ、皮の質は違いました。
少し、ごわごわして、かたいです。金具もよいものではありませんでした。
それでも、いいバッグには違いありません。しっかりと作られています。

いまは、楽譜を入れていますが、若いころの散財でした。あまり使ってはいません。
どうせ買うなら、ケリーバッグにしたらよかった!これなら使い道も多かったはずです…。

英語さえできれば、並行輸入は簡単です。やってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です