日本販売価格の半額!輸入代行サイトJISAで医薬品を購入


sjau76さんの海外通販体験談

jisa買ったもの:プロペシア(発毛剤・医薬品)
購入したショップ:JISA

 

 

 

 

 

 

まず、私がなぜリスクを冒してまで
海外のネットショップを利用して個人輸入をしようとしたのかというと、
それは国内で同じ物を購入するよりも安く買えるというメリットがあったからです。

そのためにまず私が最初にやったのが信頼できる海外のネットショップ探しでした。

それでインターネットで色々調べた結果、
個人輸入を長年やっているJISAという医薬品の個人輸入代行の老舗のサイトを見つけました。

そこは海外の会社が運営しているサイトでしたが、
日本語のサイトで特に言語に困る事はありませんでした。

ですから、注文も普通のインターネット通販を利用するのと同じ要領で注文ができました。

ただ、ここは海外のネットショップという事もあって、
クレジットカード払いで支払いをしたのですがその時の支払い通貨がドルだったので、
自分が思っていたよりも支払い時の為替レートの変動等で多少値段が上がったのは正直戸惑いました。

そして、この時に買った商品ですが、
それは日本国内では約1万円するプロペシアという医薬品だったのですが、
海外から個人輸入したプロペシアは約5千円と日本の半額程度で購入できました。

そして、商品の到着は約1週間と比較的早めに届いたので
このショップは安心して利用できると私は思いました。

利用の際には特に大変だったという事はなかったのですが、
ただ海外のネットショップを利用したのは初めてだったので
本当に商品が届くのか少し心配でした。

でも、支払い完了から比較的時間も掛からずに商品が届いたので本当に良かったです。


1 個のコメント

  • 個人輸入代行(or, 転送)サービスに付いて:

    1)個人輸入代行サービスは費用が高くて、メリットが(大きく)ない。
      JISA は、手数料が高過ぎる — 例えば、クレジットカード支払いで
    は、商品代の 5% をピンハネする — (日本円での「日本の銀行」
    への 送金を使うと、「Yen/USD の換算レートのピンハネ」+「送金
    手数料の自己負担」であるが・・・)。

    2)そうでは無くて、個人輸入転送サービスを利用する事を薦めます。

    3)個人輸入転送サービスを利用する時の注意点:

     A) 英語が、まあ、人並みにできる事。

     B) 発注元(通常、米国内)~ 転送サービス拠点(通常、米国内)の
    輸送費用が(比較的)リーゾナブルである事。

     C) 転送サービス拠点から発送される荷物の外形が、3辺(縦・横・高)
    の加算合計で 160cm 以下である事。

     D) 更に、重量は「3 ~ 8Kg」程度である事が望ましい(註:2kg 以下
    と軽い場合や、10kg 以上と重い場合には、相対的に輸送費用が高額
    化し、割に合わない事が多い!)。

     E) 以上から、「発注元から(直接)日本へ送付して貰う方が得か」、
    「個人輸入転送サービスを利用する方が得か」、を良く検討して決定
    する事が大切です。

       但し、幾つかの会社が存在するので、「転送の輸送費用(手数料も
    含む)」を比較検討する事が大切です。尚、1~2の質問を行うと、
    「その会社の親切さ」を判断できるので、故意に、質問を行って見る
    のも良いでしょう(親切心を感じない会社は、利用しない方が良い)。

     F) 蛇足ですが、「US$20 の品物に、輸送費用 US$30 を掛けて買うのは
    バカ以外の何物でもない」と云う事を、良く頭に入れて置きましょう。

     G) ところで、最近日本でも COSTCO (会員制)が各地に出来てきて、
    米国の(スーパーマケットで売っているような)医薬品が「かなり
    安く (*)」購入できるようになったので、この種のものは、COSTCO
    等が地元にあれば、ここで買うと良いでしょう。
       (*):米国の(スーパーマケットでの)実売価格より高いが・・・。

     H) いずれにしても、「個人輸入代行サービス」や「個人輸入転送サービ
    ス」は、余分な高額費用が掛かるので、止むを得ない場合だけの(例
    外的な)最後の手段です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です