購入商品が壊れていた時は?


Lilyはまだ経験したことはありませんが、「届いた商品が壊れていた」というのは海外通販にたまにあるトラブルです。
せっかく購入したものが壊れていて使い物にならないなんて、悲しいですよね。

そんな時の対応方法をご紹介します。

まずは壊れた原因をチェック

商品が壊れる原因はいくつか考えられ、それによって問い合わせ先が変わります。
まずはどこで壊れたか、考えてみましょう。

  • 発送時点で実は壊れていた
  • 運送中に壊れた
  • 税関で壊れた

機械の故障や汚損などは、発送時点での問題が多いでしょう。
この場合、ショップに交換や返金を求めることになります。

壊れやすいものの場合、運送中に壊れてしまうこともあります
これは運送会社に補償をしてもらいましょう。

また、海外からの品物は関税検査で開封される場合があります。この時、中身が破損するケースもあるようです。
その場合には関税から連絡があるので、関税側とやり取りをすることになります。

まずは日本語で運送会社まで

どこで壊れたのかわからない場合は、まず運送会社に相談するのがおすすめです。
海外通販のほとんどの荷物は保険がかかけられているので、運送会社の保険で壊れた商品の補償をしてもらうことが可能です。
日本語で話せるから何より気軽ですね。

運送会社の責任ではなかった場合は、運送会社が購入したショップなどと交渉してくれることも多いようです。

ショッピング補償・お買い物保険といった保険が付いているクレジットカードもありますが、到着したときに壊れていた場合は、どのカード会社でも補償の対象外となるようです。

ショップにメールで問い合わせ

残念ながら運送会社が交渉してくれなかった場合は、自分でショップへ連絡を。
ショップへの問い合わせに使える簡単な文例です。

Dear Customer Services,
カスタマーサービス御中

I received my order (注文番号) on (日付), but I discovered that (壊れていた商品名) was damaged.
私は(日付)に(注文番号)を受け取りましたが、(壊れていた商品名)が壊れていました。

Would you replace the damaged item?
壊れていた商品の交換をお願いします。

Best regards,
よろしくお願いします。

上の例文へに下のような文章を組み合わせてもいいですね。

Would you send me a replacement or refund to my credit card?
新しい商品を送るか、クレジットカードに返金してください。