偽物・コピー品が届いたときは?


信頼できるお店でショッピングするのが海外通販の大前提ですが、 もし「偽物が届いた」「本物だと思って注文したらコピーだった」といった
トラブルに巻き込まれたら、どうすればいいのでしょうか。

特に最近は中国からの海外通販で、偽物が送られるトラブルが増えているようです。

まずはショップへ問い合わせ

ロゴが違う、質感が違うなど「偽物かな?」と思われた時にはまずショップに確認してみましょう。
何か手違いがあった、ということもありますよね。

以下、問い合わせメールの例文です。
完璧な英語ではないですが、言いたいことは伝わるはず!

Dear Customer Services,
カスタマーサービス御中

I received my order (注文番号) on (日付), but the item I received is the imitation.
私は(日付)に(注文番号)を受け取りましたが、受け取った商品は偽物でした。

I have attached a photo showing the condition of the item.
写真を添付します。

Please send me genuine one, or refund to my credit card.
正規品を送るか、クレジットカードに返金してください。

Best regards,
よろしくお願いします。

偽物の可能性や破損で問い合わせると、「写真を送ってほしい」と言われることが多いです。
「もしかして、偽物だった、と言って騙そうとしているのでは?」とショップ側も疑うのでしょう。
その為、正規品との違いが分かりやすい画像をメールに添付しておくと話がスムーズに進みます。

問い合わせ後、ショップから連絡がない

偽物を送ってくるようなショップの場合、連絡がつかなくなることも多いです。
その場合には、消費者庁越境消費者センター(Cross-Border Consumer Center Japan:CCJ)などの機関に相談しましょう。

同時に、クレジットカード会社へも連絡し、支払い中止や返金を願い出ることも大切です。
しかし、返金できるかどうかの判断基準はカード会社によりまちまちで、必ずしも返金が可能とは限りません。

何よりも予防が大切

偽物を売りつけるショップは悪質な場合、連絡が取れなくなるなどして、問題の解決が難しく、お金を取り返せないこともあります。

その為、買い物前にしっかりとチェックすることが大切です。
ショップの住所や電話番号は明記されているか返品やキャンセルポリシーは書かれているか、といったショップ自体の信頼度ももちろん、商品のサイズやカラーなどスペックを正規品と照らし合わせてみましょう。

また、あまりに安すぎる商品は疑うことも大事です。

ちなみに、模倣品はブランド保有者の商標権を侵害するものであるため、関税法により、輸入も輸出も禁止されています。
つまり、偽物をショップに返品するのも違法行為ということです。

逆に、コピーと知っていて模倣品を輸入することも出来ませんので、注意しましょう。