ファイヤーキングをebayで個人輸入


マイクさんの海外通販体験談

ebay買ったもの:ファイヤーキング
購入したショップebay

 

 

 

 

とある雑貨店で見た、ファイヤーキングというマグカップに魅力を感じて個人輸入に
チャレンジすることになりました。

最初は日本のオークションや雑貨店で買うつもりで探したのですがどこも結構高い値段で、
試しにアメリカのサイトを見ると日本の価格の半分以下の値段が相場。

もしかすると自分の欲しい物と一緒にまとめて買って、欲しい物以外は欲しい人に売ったら、
アメリカからの送料分はチャラに出来るのではないかと思い、
アメリカから直接買い付けることにしました。

まずはebayで買うことに決めて、それと同時にebayのシステムと輸入に関する
基礎的なことを勉強しました。

システム自体はヤフオクをやったことがあれば特に迷うこともないですが、
一番の違いは全て英語なこと。

画面表示も英語だし、落札後にセラーとのやりとりももちろん英語。
英文を日本語に翻訳するサイトなどもありますが、かなり大雑把な訳なので
あまりこのような翻訳サイトに頼りすぎると、変な誤解や誤った表現になってトラブルの元に
なりかねないので、やはり多少の英語力は必要だと思います。

取引については入札し落札した後はセラーから送料などをまとめたインボイス(請求書)が
メールなどで届くので、確認したらペイパル(ヤフオクのかんたん決済のようなもの)で支払いを行い、
その後発送され日本に届くという流れです。

この中でまず注意したいのは送料。
セラーによっては梱包代のようなものを請求してくる人がいたり、異様に高い送料を
請求してくる人もいるので、出来れば入札前にセラーに日本までの送料を
質問しておくことがベストです。

次に注意したいのは配送で、アメリカは国土が広いため場所によっては荷物が
アメリカ国内を移動するだけでもかなりのかなりの日数を要します。
日本の宅急便のようなイメージを持たないほうが良いです。

またファイヤーキングのような壊れものを買う場合は必ず保険を付けてもらって下さい。
一応箱には「壊れもの注意」的なシールを貼って送ってくれますが、
ほとんど効果は無いと思ってもよいです。

過去に何度も買い付けをしてますが、箱を開けると何個か割れていたことが
結構な頻度であります。
配送してくれた会社に連絡をすれば調査の後、破損した分の損害金が支払われます。
ただし、損害金は1個あたりの値段で計算して支払われるので価値の高い物が
破損した時は自分が損をします。

以上のように一昔と比べて容易になったとはいえ、海外から物を買い付けるのは
多少のリスクは伴います。
しかししっかりと基礎知識を学んで、注意をすれば非常にメリットが高いのは事実です。
ですので、これから個人輸入にチャレンジしようとお思いの方は、少額でリスクの少ないもの
(壊れにくいもの)からチャレンジされることをオススメします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です