ファッション海外通販は関税に注意


rara711さんの海外通販体験談

open買ったもの:レディース服
購入したショップ:opening ceremony

 

 

 

 

私はファッションが好きで、店舗購入以外にも通販をよく利用します。

東京の渋谷にあるopening ceremonyという有名なLA発のセレクトショップがあるのですが、
日本では高く売っている物がopening ceremonyの海外用のサイトで安く購入出来る事を偶然発見し、
一度注文してみる事にしました。

opening ceremonyは有名デザイナー物や限定のコラボレーション物があるので
ファッション好きとしてはサイトを見ているだけでも胸が高鳴ります。

購入した物はKENZOのカーディガンと、opening ceremonyのオリジナルのシューズです。
合わせて日本円で28000円程でした。

クレジットカード払いにし、無事に決済が終了、到着までに1週間程かかりました。
運送会社はFedExで、梱包はそこまで丁寧ではありませんでしたが商品は可愛かったので満足です。

 

ところがそれから10日程経った頃、FedExから一通の封書が来ました。
内容は、関税を追加で払わなくてはいけないという通知でした。
その金額は5000円程だったと思いますが、思わぬ出費で驚きました。

後で調べたところ、関税は日本円で大体1万円以上の物を買った場合に
後で請求される可能性があるらしく、大体商品代金の10%程の金額が関税になるという事でした。

私の場合少し高かったのですが、シューズの素材に実は革が少し入っていたらしく、
革製品の購入はより高いパーセンテージで関税がかかる事が分かりました。

 

その後関税が高いのが嫌でこのサイトからは購入していませんが、
他のサイトで何度か購入してみて分かったのは、日本円で1万円以上であっても運が良ければ請求されないし、
運が悪ければ少しオーバーしただけで請求される事があるという事です。

関税を負担してくれるサイトもあるので、心配な方はそういったサイトから購入すると良いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です